議会も視察も終了

平成20年6月27日、議会の会期終了。特別にもめた議案もなかったが、終了日は、多くの意見が飛び交った。

その後、会派の視察。7人の会派となって初めての視察だが、「これぞ視察!」という視察だった。はなし副幹事長と吉田会計とで練りに練った視察に大満足である。

杉並区と古いお付き合いの風連町が、合併で名寄市となり、その後、どうお付き合いをしているのか、気にはなっていたが、役所の方々の暖かい心使いに、そんな不安はいらぬ事と感じた。旭川空港まで出迎えて下さって・・・

名寄市役所での視察の際に、アスパラの大福のもてなしを受けたが、とってもおいしい・・・名寄市産のもち米が一番おいしいとか!

その大福は、道の駅に売っているとの事で、視察終了後ホテルに向かう途中で買う事にした。その道の駅には、農家の直売コーナーがあったが、杉並区役所前で名寄のアスパラを買ったがとてもおいしかったとの話から、そのアスパラが欲しい・・・となり、明日朝帰る途中に再度寄る事にした。

レンタカーを借りて、伊田議員の運転でホテルを出て、道の駅へ・・・驚いた事に、昨日ずっと案内をして下さった名寄市の職員のお二人が道の駅で待っていて下さった。「途中でやっぱり買うのを辞めて帰らなくて良かった・・・」

それにしても、早朝、ここまで心をかけて下さるとは・・・。高円寺阿波踊りには、風祭連として子供達の引率で杉並区にこられるとの事、その時はお返しをしなければ・・・と言いながら・・次は岩見沢市役所へ・・・・。033 034_2

視察の内容は、後日に・・・・・。

広告を非表示にする