北朝鮮人権侵害啓発週間 渋谷にて拉致問題の訴えをする

12月10日から16日までが、北朝鮮人権侵害問題啓発週間である。区役所のロビーには、人権問題についての作文等展示されていたが、何と言っても、人権侵害問題は拉致問題である。

朝8時、青い風船に入れるガスボンベを取りに渋谷の宅急便やさんに集合。(朝のセミナー2箇所参加後なので・・・少々眠い)

8時30分から、ガス入れ・・・10時から12時まで、北朝鮮に拉致された家族の皆様・地方議員や、ボランティアが、拉致問題について渋谷のハチ公広場にて道行く人に訴える。2012cimg0429 2012cimg0448_2

近くに大きなトラックが来たので、何事かと思ったら政府の車であったし、電工掲示板を付けた車が止まったので何?と思ったら警視庁の車だった。政府も警察もきちんと行動していたのだと認識させられた。2012cimg0446 2012cimg0445Cimg0435 

午後、1時からは、内閣府主催の「拉致問題を考えるみんなの集い」に参加。

シンポジウム後、アニメ「めぐみ」上映。

何度も観ているので、その間、昼食に出かけたが・・・。

みなみこうせつさんの声は、心に染み渡る。トークで、「ご家族は何年も何年もよく耐えていらっしゃる。もし私の家族だったら気が狂ってしまう。日本刀でもさげて行くかもしれない・・・・・・」と語られたが、親なら気持ちは誰も同じ、出来る事なら自分の身はどうなってもいいから子供を助けたい!!

最後に、ご家族は舞台にあがり、会場の皆と「ふるさと」を歌ったが、横田早紀江さんの様子を拝見して・・・「めぐみさん」に再会してもこれまでの時間は戻ってこないのだ・・・と思うと涙がとまららず歌えなかった。

早く!とにかく一刻でも早く解決しなければ・・・・、皆高齢になっている。

広告を非表示にする