防災対策の在り方の講演に学ぶ

杉並区の防災課主催の「東日本大震災から学ぶ防災対策の在り方」と題しての講演会が開催された。

危機管理アドバイザーの国崎信江氏による講演は、映像を使って判り易かったが、今回の災害後の自衛隊に対する感謝が、一言も語られなかったのは残念。

机の下にもぐる訓練に意味がない。防災ずきんは、頭を守らないので、即刻ヘルメットにすること。このぐらいの揺れ・・・と思わず、外にでる事。Cimg8936 

これまでの訓練をしっかり見直す必要があると、参加者一同思ったはず。Cimg8944

広告を非表示にする