ひょっこりひょうたん島で慰霊・感動

8月1日は、大槌町へ・・・Cimg9510

はえ退治用品を支援するために同行させて頂いたが、町長が震災で亡くなっており、町全体が、惨状。私は、初めての同行だったが、以前こられている方は、この辺に大きな魚が転がっていた・・・随分かたずいたなあ・・・と・・・おっしゃる。

頑丈な7メートルの堤防を乗り越えて・・・市内は壊滅状態。

お聞きしたら、波が来た・・ではなく、突然海が盛り上がったという感じだったとおっしゃったが、想像が出来ない。

岸壁で、網を片づけている方にお聞きしたら、養殖の貝等の網が使えないので集めて捨てる・・・とか・・・お聞きして申しわけなかった。どんな気持ちで片づけられていたのだろうか。

15000人の町民のうち1500人が死亡、行方不明という。「海底にいっぱい色々落ちているよ。人ももう砂に埋まってしまっているだろうね」と淡々とおっしゃるが、花束を持ってくれば良かった。申しわけない。思わず合掌。

静かな美しい海。その岸壁から、小さな島が見える。

ひょっこりひょうたん島」・・・確かにひょうたんの形に見えるが、船も丘に流され、大きなビルも3階まで中が流され、家は土台だけになっているというのに、そのひょうたん島の弁天様は流されていない。木もある。いったいどういうことなのか・・・。 島の守り神として、今後も復興を見守って欲しい。Cimg9518

ひょっこりひょうたん島」には、橋がかかっていたようだが、その橋は、流されてひょうたん島だけが、ポツンと海に浮かんでいるように見える。

苦しい事もあるだろさ 悲しいこともあるだろさ だけど僕らはくじけない 泣くのはいやだ 笑っちゃおう 進め・・・・

私の年代の人なら歌えるだろうなあ・・・。皆知っている ドンがばちょ!

8月28日には、町長選があるようだが、これからも大変だろうが、頑張って欲しい。もう少し近ければ何度も行くことが出来るのだが、やはり・・・遠い。

Cimg9508

広告を非表示にする