日本に遊郭があるとは知りませんでした

大阪にて、教育勅語を暗誦している幼稚園があるとの事で、地方議員10人位で視察に行った。朝礼で、2歳から5歳までの園児が ぴいちくぱあちく小さなお口を大きく開けて国歌斉唱、その後、教育勅語、そして、年長さんは、五箇条の御誓文斉唱。Cimg0185

論語の授業や将棋の授業もあり。それは、とても勉強になったが・・・。Cimg0190

午後からは、大阪周辺の議員さんに、東京では見られない所へ視察に行きたいと伝えてあった。

メールでは、「あいりん地区」と書いてあったので、あいりん地区の学校とか地域のスポーツセンター等の施設見学かと思っていた。

読んでから来て下さいという課題図書は、『ルポ最底辺』だったが、時間がなく読めなかったが、行ってびっくり・・・。読んでから行くべきだった。

生活保護や日雇い労働者の集まる地域で、・・・説明をお聞きしてもイメージがわかなかったが・・・。このような所があるとは・・・・・。

自動販売機は、50円だったし・・・。人物の写真は撮れないので看板を撮ってきたが、Cimg0200 日米安保体制反対!ってどういうこと??Cimg0202 Cimg0206

が・・・しかし、しかし、その後、行った所は・・・遊郭?雨も降っていたので女性は、車で行ったが・・・ああ、びっくりした!驚いた!!絶句!!

玄関は開けられており、玄関の中の横には、エプロンをかけたおばさんが座っており、煌煌と電気のついた明るい部屋の真ん中に色の白い磨きをかけたような綺麗なお嬢さんが座っている。運転手は、男性だったので、その男性に向かって「いらっしゃい」って微笑んでいる。

そうような、小さな家が、車が一台通れるような通路の両方にあって・・・・・・・・・・・・・・・・・・・あって・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・あって・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

うーん複雑。

私にとっては、とても考えさせられる視察だった。

広告を非表示にする