定例議会始まる

9月9日から10月9日まで、定例議会

保健福祉委員として、議案58条の「子ども・子育て会議条例」について、意見を述べました。

子どもまぜ書き表記についてですが、今年の3月に自民党木原稔議員が、「子ども」の交ぜ書き問題を文科省委員会で取り上げており、子供の「子」は、一年生で学ぶ、子供の「供」は、5年生で学んでいる。子供に正しい漢字を書きなさいと言っている大人が、まぜ書きはおかしいと指摘しています。その後、文科省は、6月下旬、公用文中の「子ども」の表記を「子供」に統一するという指示を出しています。

「文部科学白書」はもちろんですが、「環境白書」や「警察白書」も「子供」表記に統一されています。

たとえ国がどうであれ、杉並区が率先して正しい表記に欲しかったと思います。

今回の「子ども・子育て会議条例」の表記に異論はありますが、子供子育て会議は、区民が求める重要な会議ですので、議案58号については賛成とします。

広告を非表示にする